我が家の苔を紹介していくぞ-その2 タマゴケ編

タマゴケは星の輝きのように開く可愛い葉の苔 苔紹介

そやねんなぁ。

新しいシリーズ記事の場合、2回目3回目くらいまでは順調に続くねんけどなぁ。

それ以降になるとシリーズ化してることを忘れてしまうねんな。

だから続かへん。

きっと連続で書ききるんがええんやろね。

 

ってことで、反省はここまでにして今日はタマゴケについて。

タマゴケは大阪ミナミにある苔ショップmoss connectさんの店頭で売られてた作品に使われてるのを見て、『うわっこの星みたいな苔めっちゃかわいいやん』って思ってから好きになったんよね。

この写真はmoss connectさんで買ってきたタマゴケ。

で、それ以降に作ったアクアテラリウム水槽とコケリウムには必ず使ってるわ。

 

charmさん曰く

可愛い玉をたくさんつけます!!

タマゴケは柔らかく繊細な葉と風船のような球状の朔が美しいコケです。
やや明るい林床の崩れた斜面の上部や、樹木の根元の盛り上がったところなど風通しの良いところに見られます。
半日陰の環境を好み、室内光でも育てやすく、暑さと過湿を避ければテラリウムなどにも最適です。
伸びすぎた部分はばっさり切ってしまっても、比較的早く回復してくれるので扱いやすい点も魅力です。

寒くなってから使いだした苔やから、暑くなってきたらどうなるかわからんけど、今の所は水がジャブジャブかかる環境でも元気に育ってるなぁ。

 

では、我が家のタマゴケの紹介。

◎新ちっちゃいアクアテラリウム水槽のタマゴケ

この水槽作った時は、後ろに苔の壁兼ろ過フィルターがあったんやけど、ちょっとした事件で壁が低くなって、昨日謎の水漏れ事件が発生して、ついに壁自体を全て撤去したんよね。

ちょっと悲しい事件が続いてる水槽やねんけど、苔と魚は元気なんでまぁなんとかって感じ。

 

この写真はタマゴケのタマゴケたる由縁の玉がちょっと写ってるね。

 

 

◎新・川と滝のあるアクアテラリウム水槽のタマゴケ

次は最新作の新・川と滝のあるアクアテラ水槽のタマゴケ。

水槽が大きいからちょっと分かりにくいけど、水際にタマゴケを使ってる。

 

木瓜の花が水面に映ってて綺麗。

 

◎100均調味料入れコケリウムのタマゴケ

アクアテラリウムだけやなくて、苔テラリウムでもタマゴケは使える。

これは100均調味料入れコケリウムで、左のコウヤノマンネングサ以外はタマゴケ。

アクアテラリウム水槽のタマゴケに比べるとちょっと元気がないかな?

なんでやろね?moss connectさんのお店ではちっちゃいボトルの中でも元気やってんけどなぁ。

室温の差?

なんかコツがあるんやろね。

 

◎100均キャンディーボトルコケリウムのタマゴケ

最後は100均キャンディーボトルで作った苔テラリウムのタマゴケ。

 

 

後ろ側の石を囲むようにタマゴケがあるんやけどちょっと分かりにくいかな。

やっぱりこっちも少し元気ないかな?

新芽は綺麗な色やねんけどね。

もうちょっと暖かくなってきたら、元気になるんかな。

 

ってことで、以上で我が家のタマゴケさん達の紹介は終わり。

なんかちょっと可愛くない?

親バカ的な苔バカ?

まぁもっと玉がいっぱい出てるほうが誰が見ても可愛く感じるかもね。

 

ではでは~

 

◆関連記事◆

kuri初の試みにドキドキ ショップ紹介 苔インテリアショップ『moss-connect』さん
大阪の南船場で苔を販売しているお店『moss-connect』さんに行ってきました。安価で豊富な苔に加えボトルやレイアウト用の石等、苔テラリウムに関するものは全て揃います。店頭で販売している苔テラリウムの作品を見るだけで癒やされます。
苔が余ったからボトルコケリウムを作った
ハイゴケとコツボゴケがアクアテラリウム水槽の作成した後余ったので、余った苔を活用して作ったボトルコケリウム(苔テラリウム)の作り方を多くの写真で順番に分かりやすく紹介しています。

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました